top

精密プレス加工の中村製作所の小型放熱器。

お問い合わせ サイトマップ
中村製作所株式会社
TEL.0268-79-3880(代)
Nakamura Mfg. Co.,Ltd.
お問い合わせはこちら
プレス加工で何か出来ないか?とお考えの皆様。
中村製作所に答えはあります。まずはお問い合わせを!
中村製作所株式会社
本社/伊那工場
〒399-4603
長野県上伊那郡箕輪町三日町493-1
TEL.0265-79-3880(代)
FAX.0265-71-3266

アモルファス金属打抜

目的

:・コバルト系アモルファス金属(HV1000〜1300)を、高速プレスにて、高精度に、多量に打抜加工する。

利用範囲

・コバルト系アモルファス金属は、ゼロブランキングの技術を使うことにより、極薄板の大量打抜きが可能である。

・結晶磁気異方性がないため、磁化過程の磁区の動きが容易です。このため、優れた軟磁性・低損失が特徴です。

・電力の総利用量に占めるトランスやモータの鉄損は、国内で消費する総電力の3.4%を占め、この量は年間335億kWhにも達すると言われております。これを、アモルファス金属に置き換えることができれば、使用条件にもよりますが、電力損出量を72%減の96億kWhにまで下げられます。また、自動車のEV化の進展により、この金属の低エネルギー損失の特徴により、バッテリー寿命、サイズは現在より大きく改善されます。

・コバルト系アモルファス金属は、ゼロブランキングの技術を使うことにより、極薄板の打抜きが可能である。

加工情報

・材質:アモルファス金属、SUS、パーマロイ、りん青銅等。

・厚さ:現在、下限10umまで可能。

・金型クリアランス、1〜5umまで均一に仕上げるラップ技術を保有。(社内オリジナル加工機)

・高速プレスにて加工。

VE効果

【コスト面】

・エッチング又はレーザーでしか加工できなかった高硬度のアモルファス金属を、プレス打抜きで生産することにより、大幅なコストダウンが可能。

技術紹介 >>アモルファス金属打抜